×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロングブーツ専門情報サイト

高いブーツの一部には、紐や取っ手がついていて、着用を容易にする仕掛けが施されている。ドイツにはブーツを履こうとしていた子供が、この紐を引っ張っていて気がついたら空を飛べるようになっていたという物語がある。この取っ手や紐を諺として様々な場面で用いている。 ブーツには様々な言い回しや諺、慣用句がある。熟練した労働者を作業用に履いている頑丈なブーツに例えて、"tough as old boots"(古びたブーツと同じくらい頑丈だ)と言う。また、漫画などでは釣りに行ったのに1匹も魚が釣れずに困っている状態を、ソールが壊れたボロボロのブーツを釣り上げさせることで表現する。

注目の情報


ネイルアートマニア
ネイルアートとは、手足の爪に施す化粧や装飾の事である。ネイルアートを施してくれる店をネイルサロン、その技術者をネイリストと言う。 さまざまなネイルアート用品が市販されており、個人でプロ顔負けのネイルアートを行っている女性も多い。

マニキュアの総合情報サイト
マニキュアは化粧としての役割をもつほか、正しく使えば割れなどから爪を守り、爪の成分の流出を防ぐ事が出来る。 さまざまな色や種類のマニキュアが市販されており、手軽に行えるネイルアートとして広い年齢層の女性に使用されている。 男性が塗っているケースは芸能人などまだごく少数であるが、装飾ではなく爪の割れを防止する目的で、重量挙げなどのスポーツ選手には使われていた。

爪の総合情報サイト
爪(つめ)とは、爬虫類以上の脊椎動物の指の先端の背面にある表皮の角質が変化し硬化して出来た板状の皮膚の付属器官の事。哺乳類では種によって特化している。ここでは人間の爪について説明する。動物の爪等については後述の関連項目を参照。 表皮から変化して出来た点に於いては、爪と毛を総じて「角質器」とも呼ぶ。爪が指先を保護するおかげで、手足の動作に於いて指先に力を加えたり、うまく歩く事が出来る等、爪は動物にとって重要な役割を果たしている。爪の下部には毛細血管が集中しており、爪は血液の健康状態に影響され易い。文化面では各種の身体装飾を施すファッションの対象にもなる。また、物を引っかけたり剥がす作業に用いる道具も爪と呼ばれる。

キュロットスカート!
キュロットスカート (フランス語 culotte+英語 skirt の和製カタカナ語) は、股下があって、半ズボンと同様の構造をした女性用の衣類。本当の半ズボンと違い、裾にむかって広がった、ゆったりとした作りのため、一見、スカートに見える。一般にスカートの一種に分類されることが多い。英語では複数形でキュロッツ(culottes)と言う。1990年代前半に流行った。

ミニスカート!
ミニスカート(miniskirt[英]、minijupe / jupette[仏]、minirock[独])は膝上丈のスカートの総称。ミニスカ、あるいは単にミニと略される。 1965年、英国のアパレル会社が「マリー・クヮント」ブランドでファッションショーを行い、売り出したのが始まり。イギリス出身のモデル、ツイッギーがミニスカートをはき、ブームを呼び起こした。1967年10月に来日し、日本にもツイッギー旋風が起こり、ミニスカートがブームになった。 その後、さらに短いスカートが流行することもあり、スカートの短さと経済の好況不況が関連付けて論じられることもある。 膝上丈よりもさらに短い、太股の中央よりも上の極端に短いスカートのことを、近年ではマイクロミニスカートと呼ぶ。漫画の女性キャラは大抵、通常のミニスカートよりも短いスカートを穿く傾向が強い。

かわいいスカートがほしい!
スカート (skirt) は、腰より下を覆う筒状の衣服である。ズボンと異なり、筒が股の所で分かれておらず、両脚が1つの筒に包まれる(ただし、股の所で分かれているキュロットをスカートに入れることがある)。

下駄が好き?
下駄(げた)は、日本の伝統的な履物。屋外で使用する。下面に「歯」が二枚ついた木の板に三つの穴があり、「鼻緒」がすげられている。素足あるいは足袋の、足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟み、履く。

ビーチサンダルが好き?
ビーチサンダルとは鼻緒が付いた履物の一種。略して「ビーサン」、俗に「ゴムぞうり」あるいは単に「ぞうり」と呼ばれるときもある。 一般的にゴムの台とゴム、ビニール、プラスチック、布などでできた鼻緒で構成される。ゴムぞうりと呼ばれるとおり、昭和27年にアメリカ人のレイ・パスティンと内外ゴムの技術者生田庄太郎とでゴムで作られた草履が起源である。和歌山県周辺の方言では「水雪駄」と呼ばれる。日本で発明され、現在では日本国外でも熱帯地方や夏場のファッションとして広がっている。 英語では「フリップフロップ Flip-flops」(歩く時のパタパタという擬音から)、「トング Thongs」(鼻緒の意)、スペイン語やギリシア語では「サヨナラ」(日本語から転用された言葉)と呼ばれている。

どのサンダルが好き?
サンダル (sandal) は、足全体を包まず、紐やバンドなどで足に止める履物の総称である。古くからある履物の種類で、様々な材質・形式のものがある。 なお、この定義では下駄や草履もサンダルの一種ということになる。日本においては下駄や草履はサンダルに含めないことが多いが、ゴム製のサンダルを「ゴム草履」と呼ぶことはある。 現代において、サンダルはフォーマルな場で着用されることはまずなく、遊びや日常生活の中で履かれる傾向が強い。仕事においても、デスクワーク専従者は、革靴で足がムレるのを嫌ってサンダル履きで仕事をすることが多い。ただし、かしこまった場での対面が重視される窓口の応対係や外交販売員が着用するのはタブーとされる。

ショートブーツ専門情報サイト
軍隊(軍服)においては、戦闘用の履物としてブーツが採用されることが極めて多い。この軍用ブーツの場合、概ね膝のあたりまである長いブーツを長靴(ちょうか)と呼び、踝と膝の中間のあたりまでの長さのものを半長靴(はんちょうか)と呼ぶ。乗馬本文の騎兵は長靴に拍車を付けていたが、馬が使用されなくなるにつれて長靴は余り使用されなくなっている。しかし、主に第二次世界大戦時までの近代各国軍(例:旧日本陸軍、旧ナチス・ドイツ軍、ソヴィエト赤軍等他)では乗馬本文の有無なしに軍装としての長靴と対になる短袴(乗馬ズボンとも。腿に膨らみがあり長靴の胴部分で隠れる脛の部分は逆に引き締まらせる形)の制定・組み合わせはポピュラーであった(形は乗馬長靴)。が、冷戦崩壊後(主に旧ソヴィエト軍、旧東ドイツ軍)の現代の今日長靴を使用している軍では儀礼用としてのみ使用されることが多く、戦闘用としては編み上げタイプの半長靴(編上靴)が主流である。なお、戦闘任務以外では普通の革靴が着用され、これは短靴(たんか)若しくはオックスフォードと呼ばれる。

<< || 1 2 3 4 5 6 7 8 || >>


人気のフリンジブーツ!フリンジ付 レースアップモカシンロングブーツ【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】
人気のフリンジブーツ!フリンジ付 レースアップモカシンロングブーツ【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】の詳細流行モンをプチプラでGET!!!みんなのあっついラブコールで緊急入荷★モデルばりに、オシャレに気合い入れちゃお!※ 楽天国際発送対象商品 ※※ あす楽 対応地域 ※ 【あす楽対応_近畿】  【あす楽対応_中国】 【あす楽対応_四国】トップページ / ロングブーツのページ / フリンジ レースアップロングブーツ (vd1lb-800)※ モデル着用イメージは、外撮影の為、実際の商品と若干色合いが異なります。   詳しくは、下記カラー別 詳細を ご参照下さい。ブラック ・ ダークブラウン ・ グレー ・ ベージュ ・ ピンク ・ イエローS(22?22.5cm)  M(23?23.5cm)  L(24?24.5cm)  LL(25cm)※素材の特性上、色落ちする場合があります。 雨、雪の日の使用はお控え下さい。  ついに出ました!! LAセレブから火が付いたあの話題ブーツ再入荷!!!  お客様からのラブコールで実現しました。 上手にオシャレを楽しみたいオシャレさん【要check×2】♪♪  古着好き・本格派さんには何ともたまらない、スタイリッシュなディティールです♪  柔らかなベロア調スエード素材に、ボヘミアンなフリンジがオシャレ可愛い!!  フロント部分は、レースアップになっているから、スラッと足長強調してくれちゃうww  かえりの良いつま先・ふわっとしたインソールで、アクティブに活躍★  しかも★ 歩きやすいローヒールタイプだから、ガンガン歩けちゃうよ♪♪値は 【 Mサイズ 】 基準  ※ ファスナーなし ※◆ヒール高さ 約2cm / 片足重さ 約360g※(ヒール高=中敷きの厚みを加えた高さ)◇ワイズ(横幅) 2.5E・・・ 足入れ:ややゆったりめ◆素材:ベロア調合成スエード素材底材:合成底※素材の特性上、色落ちする場合があります。ご了承下さい。雨、雪の日の使用はお控え下さい。◇中国製※筒周り:ゆったりめ※ 試し履き感想は、足の形・サイズによって、個人差ございます。 参考までにお願いします。 ※スタッフ サイズ ・ 試着感想普段サイズ 22.5cm / Sサイズ ・足縦長さ:約22cm ・足幅周(ワイズ):約21cm ・足首周:20cm ・ふくらはぎ周:約32cm-----------------------○ S =筒周:ぎりぎりファスナーなしタイプなので、履く時頑張らないといけないです。細く縛っているので、まず履き始めは、紐をゆったりすることがベスト!です。  一応紐をゆるめれば、足太めの私でも履くことは出来るのですが、余りの紐が少ない!!リボン結びが小さくなってしまいます。ううぅ切ない。。私みたいに足太めな方で、本気で履きたい!!と思う人は、手芸品屋さんなどで長い紐を準備した方がいいかも。。。普段は 23.5cm・Mサイズ ・足縦長さ:約23cm ・足幅周(ワイズ):約22.5cm ・足首周:20cm ・ふくらはぎ周:約30.5cm-----------------------○ M =筒周:ゆとりありつま先は約2cm程度、ゆとりがあるので、甲高・幅広めの私の足にジャストフィットでした。靴の中で足がずれることもないです。 ただ、ファスナーなしの作りなので、毎回紐を調整しなければいけないので、脱ぎ履きは時間が掛かりますね。 出かけ先で靴を脱がなければいけない日は、避けた方が良いかな。 素材自体は、柔らかいので、形を整えやすいですよ。 合わすならスキニーやタイツがオススメです。普段は 24.5cm・Lサイズ・足縦長さ:約24.3cm ・足幅周(ワイズ):約23.5cm ・足首周:21cm ・ふくらはぎ周:約30.5cm-----------------------○ L =筒周:ゆとりありつま先周りはゆとりがあって楽です。 筒周りが、紐で調整できるので、ピタッとフィットさせられますよ。 個人差あるとは思いますが、紐を緩めれば、細身のスキニー・レギンスなど楽にIN出来ます。※ 実際の商品になるべく近い色を再現して おりますが、ご覧になっているモニターの設定の違いにより、  実際の商品と色合い等が異なって見える場合がございます。 予めご了承ください。※ 靴の試し履きは必ず室内でお願いします。  ご使用になられた靴の返品、交換はご遠慮下さい。

【ロングブーツ】Menu